兵庫WEB制作.com

【シリーズ:セキュリティ】情報セキュリティ関連法規「サイバーセキュリティ基本法」

2018年8月22日

セキュリティ記事に関し、新しい章に入ります。

テーマは”法務“です。

情報セキュリティに関する法律や標準など、整合性を確認することは非常に大切です。

まずはサイバーセキュリティ基本法です。

国のサイバーセキュリティ対策の司令塔で、内閣にサイバーセキュリティ戦略本部を設置することが定められています。

情報セキュリティ 法務

サイバーセキュリティ基本法

2014年に制定された法律で、国のサイバーセキュリティに関する施策を推進するにあたり、基本理念や国の責務などを定めたものが、サイバーセキュリティ基本法です。

サイバーセキュリティとは何なのかを明らかにし、必要な施策を講じるための基本理念や基本的施策を定義しています。

司令塔として、内閣にサイバーセキュリティ戦略本部の設置が定められています。

サイバーセキュリティとは

“電磁的方式により記録され、又は発信され、伝送され、若しくは受信される情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の当該情報の安全管理のために必要な設置並びに情報システム及び情報通信ネットワークの安全性及び信頼性の確保のために必要な措置が講じられ、その状態が適切に維持管理されていること”

というのが、サイバーセキュリティです。

つらつらとありますが、サイバーセキュリティ基本法の第二条によるもので、サイバー攻撃に対する防御行為全般を指しています。

サイバーセキュリティ戦略本部

国のサイバーセキュリティ対策の司令塔であるサイバーセキュリティ戦略本部は、IT総合戦略本部や国家安全保障会議などと連携し、国全体の安全保証のための活動を行います。

各省庁、地方公共団体への勧告なども行います。

– –

【ホームページの制作・更新・運用】お困りのことがあればご相談ください

カテゴリ

最新コラム

Facebook TWITTER LINE