兵庫WEB制作.com

GoogleとYahoo!JAPANの検索エンジンは同じ!?

2018年3月23日

日々お客様とお話をしていると、SEOにおいてGoogleを中心とした話をしていることに不思議に思われることが良くあります。

それは実のところ、「Yahoo!JAPANとGoogleは同じ検索技術を使っている」からなのです。

2011年からYahoo!JAPAN(以下Yahoo!)はGoogleが開発する検索システムを使用しています。

ですから、Yahoo!とGoogleの検索結果は同じになります。

では試しに『ホームページ制作』と検索してみます。

Yahoo!とGoogleの検索結果

Yahoo!の検索結果にはYahoo!ロコやYahoo!知恵袋など、Yahoo!独自のサービスが表示され、Googleの検索結果にはGoogleマップで近くの「ディナー」のお店が表示されますが、検索結果は全く同じです。

ただ、「Yahoo!なのかGoogleなのか」ではなくパソコンによって検索結果が違う事があります。

それはGoogleの場合、個々のパソコンから(あなたが)検索した単語やサイトの情報を元に、「個々のパソコン(あなた)専用の検索結果」を出してくれます。

試しに『ホームページ制作』と検索してみます。

パーソナライズド検索

これを『パーソナライズド検索』と言い、Googleで導入している検索機能で、この『パーソナライズド検索』を無効にすると、先ほどの検索結果比較の画像のように、同じ検索結果になります。
※『パーソナライズド検索』を無効にする方法は、ブラウザによって違いますが「シークレットウィンドウ」「プライベートウィンドウ」など呼び名は個々違います。

なので、自社・自店のホームページの検索結果が気になって調べる場合は、この『パーソナライズド検索』に気を付けて下さい。

以上お話ししましたように、GoogleとYahoo!は同じGoogleの検索技術を使っており同じ検索結果となるので、Googleのガイドラインに沿ったSEOの対策をすればよいということです。

その他のコラム

Facebook TWITTER LINE