兵庫WEB制作.com

自慢の情報を腐らせないように

2018年3月6日

日差しのポカポカ具合が心地よい季節になってきました。

さて、ホームページをはじめ、ブログや各種SNSを当たり前に持ち、当たり前に活用していくにあたり、ご依頼の前に知っておいていただきたい事のページ中盤にも記載しているように、「作って終り」ではないことを大切にしなければいけません。

それと合わせて、情報(=コンテンツ)を腐らせないようにしなければいけませんね。

「作って終り」ではないこととほぼ通ずることですが、コンテンツは時間の経過とともに影響力が弱まっていくものと、そうでないものがあります。

例えるのは難しいですが、発信しているコンテンツは流行りの一端のものなのか、1年、2年と時間が経っても有効なものなのか、そこを意識するとしないで作り上げたものは違った結果をもたらすと言えるでしょう。

一時的に盛り上がっている世間の状況に便乗すると、それはそれで大きな反響が得られる一方、将来的な見方としては、価値をほぼ持たないコンテンツになっていくことも、これだけ溢れかえる情報の中ではあり得ます。

ただし、情報(=コンテンツ)をアップデートしていくことが前提であれば例外ですね。それは新鮮な情報そのものなので。

ではどうするのがいいのか。

扱うコンテンツによる、と言ってしまえばとっ散らかってしまうので、ひとまず半年先、1年や2年先でも生きていそうな(=価値がありそうな)”特定のジャンルや傾向に絞った”強力なコンテンツの発信と蓄積ですかね。

まぁ中には一時的なものも含まれることがあるかもしれませんが、リミットのある情報(=コンテンツ)が無くなったとしても、それまでに積み上げてきた自慢の強力なコンテンツがあれば、常にアップデートしなければならない状況に追い込まれることは少なくなると考えています。なるべく疲弊したくはないですし。

時間が経っていても、その価値ある情報にたどり着いた人からすれば、自慢の情報(=コンテンツ)は腐っていないということになるのではないでしょうか。

情報(=コンテンツ)を腐らせないように意識して取り組んでみてください。

カテゴリ

最新コラム

Facebook TWITTER LINE