兵庫WEB制作.com

検索順位が見る人によって違う!?(パーソナライズド検索)

2018年5月31日

企業やお店、またはあなた自身のホームページに携わっている方なら、そのホームページの検索順位がいったい何位なのか気になるのではないでしょうか?

ただし、検索順位を上げるために、ブラックハットSEO(http://hyogo-web.com/black-hat-seo/)に手を出したり、それだけが目的になってしまいユーザーにとって有益な情報が全くないサイトになってしまうなんて本末転倒です。

ユーザーにとって有益な情報を届ける、そういったユーザーの為になる情報を増やしていく事が重要なのは間違いないのですが、『検索順位』も重要な指標になります。

しかし、「自分のサイトの検索順位は何位だろう??」と検索したことがあるかもしれませんが、その検索順位は『パーソナライズド検索機能』によって上位になっているのかもしれません。

パーソナライズド検索

パーソナライズド検索とは?

パーソナライズド検索とは、Googleで導入されている検索機能の一つで、ユーザー毎に検索結果をカスタマイズして表示する機能のことで、2005年6月から開始されました。

つまり、検索する人(端末)に合わせた検索結果を出しているので、検索する人(端末)よって検索結果は違います

この「パーソナライズ検索」の結果を決める要素は、
・過去に調べた検索キーワード
・過去に訪問したサイトやクリックしたリンクの履歴
・検索したユーザーの所在地
・ソーシャルネットワーク上での他の人との関係性
などだそうで、色々なデータをもとに検索順位を決定しているそうです。

当然サイトを担当していれば、多くサイトにアクセスするので、そのデータにより正しい検索順位より上位に位置しているかもしれないので注意してください。

パーソナライズド検索を無効にする方法

では、どうすれば正しい標準の検索結果を見ることができるのでしょう?

それは下記の2つの方法で、パーソナライズド検索を無効にすれば、正しい検索結果が見れます。

①Webブラウザをシークレットモードにして、パーソナライズド検索機能を無効にする。

ブラウザのメニューバーのファイルの中に、「新しいプライベートウィンドウ(FireFox)」や「シークレットウィンドウを開く(Google Chrome)」を開けば、パーソナライズド検索機能が無効になったウィンドウが開きます。

シークレットモード

こちらは、便利なショートカットキー。

—————————————–
Google Chrome
Macの場合 command+sift+N
Windowsの場合 control+sift+N

Firefox
Macの場合 command+sift+P
Windowsの場合 control+sift+P

Internet Explorer
Macの場合 command+sift+P
Windowsの場合 control+sift+P
—————————————–

②手動で、パーソナライズド検索機能を無効にする。

何かキーワードを入力した後に、手動で検索結果URLの後ろに「&pws=0」をつけてEnterを押すだけで、パーソナライズド検索機能が無効化された検索結果が表示されます。

手動でパーソナライズド検索無効化

ちなみに自分のパソコンで、「ホームページ制作 兵庫」というキーワードで、このサイト「兵庫WEB制作.com」のそれぞれの検索順位を見てみました。

検索結果
検索順位
パーソナライズドでの検索順位は2位でしたが、パーソナライズド検索を無効化した正しい検索順位は3位でした…(まだまだ、頑張らねば…)

以上の2つのうちどちらかの方法で正しい検索結果を知って、サイト運営の活かしていきましょう。

そして自分以外の人は、パーソナライズド検索による個々の検索結果を見ていることを認識しましょう。

カテゴリ

最新コラム

Facebook TWITTER LINE