兵庫WEB制作.com

お問いあわせ
ブログは、情報発信に適したツールです。

■目的を明確にしましょう。

業種やホームページの形態によって、ホームページの制作(リニューアル)の目的は様々です。
「集客・販売促進」が目的なのは当たり前なのですが、もっと細かい目的を明確にしておくのが重要です。

例えば、「メールフォームからの問合せ」や「パンフレットの配布」、「人材確保」、「企業の信頼性向上」、「ブランド力向上」など、企業、お店によって様々です。

ホームページの目的を考えるときは、『○○のために、○○を伝え、誰にどんなアクションをとってもらう』という形で、決めることが出来るんじゃないでしょうか。
それがあると、その目的へと誘導するホームページの構成を考えることができるのです。

■コンセプトやビジョンといった、会社・お店の基盤となる部分を明確にしましょう。

企業やお店を経営していくには、「コンセプト」「ビジョン」は重要だと思います。
それがないと、お客様には「どんな企業・お店・商品なのか?」「企業・お店・商品の良さ」は伝わりませんし、覚えてもらえません。

また社員やスタッフの目指す指針となるものですので、これが明確でないと意識がバラついたり、迷ってしまったりするでしょう。

ホームページを作る際にもそれは重要で、明確な「コンセプト」「ビジョン」があると、それを基にホームページの構成や伝える内容を考えることができるのです。

■ターゲットを明確にしましょう。

「ターゲット」とは、情報を伝えたい相手のことを言います。
解りやすく言うと、「日本人に伝えたい、知ってもらいたいのに、英語サイトを作ってもお門違い。」です。

基本的なターゲットは、「性別」、「年齢層」、「地域」、「企業・店舗(B to B)or一般の方々(B to C)」、「職種」などで決定できますが、さらに細かく「特定の趣味・特定の悩みがある・特定の興味がある・身体的特徴」など、特定の人物像を絞り込むと、
・発信する内容が明確になる
・ターゲットが求める情報を考えやすくなる
・ターゲットに伝わりやすい表現方法を考えやすくなる

というように、より伝わりやすいホームページが作りやすくなります。

■強みやこだわり、他社・他店との違いを明確にしましょう。

閲覧者の多くは色々な企業・お店を、色々なホームページで比較しています。
その際、同じような企業・お店・商品だと、選んでもらえません。

「価格」、「性能・味」、「技術」、「素材・材料」、「人材力」、「雰囲気」、「対応力」など、競合する他社・他店との差別化を明確に打ち出すことで、より選んでもらいやすくなります。

■社長・オーナー・店長をはじめ、社員、スタッフの顔を出しましょう。

スーパーに並んでいる野菜やお肉に、「私が作りました!」と名前や顔写真が載っていたりします。
これにより、消費者は安心して購入し口にします。

今の時代、消費者に「安心・信頼」してもらうことは重要で、同様にホームページの閲覧者にも安心感・信頼感を与えることが重要です。
それが、他社・他店との差別化にもつながります。

そのためにも一番伝わりやすいのが、「顔を知ってもらう」ことです。

問い合わせや商談、お店に行った際に顔を合わせる人の顔や雰囲気が解っていると、安心してアクションを起こしやすくなります。

さらに、社長・オーナー・店長をはじめ、社員、スタッフそれぞれの考えやこだわり、想いなどをホームページで掲載したり、ブログやフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を利用して、人となりも合わせて発信していくと効果的です。

■更新できる内容を探しましょう。

日々情報は目まぐるしく新しい物へと移り、閲覧者は常に新しい情報を求めています。
新しい情報を発信していかないと、せっかく訪問してくれたお客様を逃がしてしまうことになってしまいます。

新製品・新商品情報、実績・事例、活動情報(イベント・CSR活動)、リクルート情報、お客様から頂く声、社員・スタッフのコメントなど、何か常に発信していくことができる情報があるはずです。

それを掲載していくことで客離れを防ぎ、さらには優良顧客化(ファン)にもしていけます。

また、ホームページを常に更新していくことは、検索されやすくするためにも重要な事です。

■デザインイメージを明確にしましょう。

ホームページのデザインは、閲覧者にイメージを与えるものとして重要です。
閲覧者が受け取る「第一印象」「感覚」で、内容をしっかり閲覧してもらえるか、「閲覧する気にもならない・・・」と離れていってしまうかが決まるとも言えます。

企業やお店にはそれぞれイメージがあるかと思います。

安心感・信頼感・高級感・親近感など、閲覧者に何を感じてもらいたいかを明確にすることで、それをサイトデザインで表現し、閲覧者に狙い通りのイメージを与えることができます。
企業やお店の現在のイメージをデザインするのも良いですし、将来の目標とする姿をデザインで表現するのも良いでしょう。

さらに、ホームページとブログやチラシ・広告・名刺・ショップカードといった紙媒体など、色々ある販促ツールのデザインを統一させると、ブランド力を向上させることもできます。

ただし、デザインだけが先行してはいけません。
内容をしっかりと作り込み、それを表現するデザインを考えていくことが重要です。

■常に意識の先に「お客様」を置いておきましょう。

ホームページの役割は、お客様に必要な情報(商品)を的確に届けること。
当たり前のことですが、常にお客様のことを考え、お客様が望むことを表現していくことが一番大事です。

デザインの綺麗なもの…動きにこだわったもの…で、自己満足なだけのホームページではいけません。
しっかりと「お客様の視点」が入ったホームページにしていくことが重要です。

お客様が求める情報を、きちんと提供することで、検索もされやすくなってきます。

手段に囚われ、目的を見失うのではなく、常に意識の先に「お客様」を置いて考えていきましょう。

兵庫WEB制作.comのサービス
  • 企業サイト制作
  • 店舗サイト制作
  • ネットショップサイト制作
  • PC以外の端末サイト制作
  • ポータルサイト制作
  • ブログデザイン・カスタマイズ
  • 運用・更新管理
  • その他オプション
  • 兵庫WEB制作.comについて
  • 良いホームページを作るポイント
  • スタッフからお客さまへ
  • お問い合わせ
お問い合わせ
ページの上に戻る
Copyright © CEALS. All Rights Reserved.