兵庫WEB制作.com

なかなか想像しづらい制作プロセス

2018年3月20日

いざホームページにオリジナルシステムの導入を検討してみようとなった場合、お打合せや、開発や制作の段階におけるやりとりで、お客様と私たち制作側がしっかりと話し合い、目標、目的に向かっていく中で、どうしてもイメージが難しかったり、中には納得しづらいところが出てきます。

パソコンやスマホの扱いが苦手で、IT系に疎いと、中身が全く分からないのはもちろん、ちょっとしたイメージもできないことはよくあります。

どうしてもブラックボックスな面がある分野で、なかなか理解できなかったり、納得できなかったりすることがありそうな、思いついたものを挙げてみます。

時間がかかることもある(かかってしまうこともある)

画面のシンプルな見た目とは逆に、裏側では緻密かつ複雑な仕組みがあります。(そうでない場合もありますが)

単純に人を増やせばいいという話でもなく、保守性を高めた作り方をしているのか、そうでないかで、かかる時間の長短が決まる場合もあります。(まぁこれは作る側に問題があることも)

事前にきちんとお客様の要望をヒアリングし、クオリティーの高い組み込みで、変更要望にはできるだけ簡易的に済ませられるようにしておくことが大事ですが、変更内容によるとしか言えないことが多いです。

1+1=2です。

ここでいう”2″は答え、ホームページだとします。

“1+1″は方法です。

答え(ホームページ)を導き出すのに、”1+1″という方法を用いています。

しかし現実では、すんなりと1+1=2が成立することは稀だと思ったほうがいいでしょう。

“1+1″のそれぞれの”1″を導き用意するのに、別の工程が必要になることがあります。

目標や目的は同じような位置にあっても、そこに至るまでのプロセス(論理的な思考)は多様性にあふれているものです。

結果的に同じものを作り上げても、それが”誰が作っても一緒でしょ”とイコールにはなりません。

完全な要望実現がNGな場合でも、他の方法や提案ができる場合もあるので、「なんでこれくらいのことで時間がそんなにかかるんだ!」なんて怒らないであげてください。

見た目だけの判断は出来ない

「だいたい完成したようなものかな」と、思い通りに動く画面を見て判断するのは、ちょっと待ってください。

気持ちはわかりますが、実はそうでないこともよくあります。

これも制作側の作り方や組み込み方によるものがあるのですが、意図した動きや、想定される動き想定されない場合の動きの想定の対応が、きちんと施されているかどうかを確認するテストは、しっかりとしておく必要があります。

ここにも時間がかかってしまう場合もありますが、重要なプロセスの一つです。

これはお客様自身に確認を求めることもよくありますので、その時はご協力ください。

様々な想定のうえで一生懸命作り込みますが、当事者が触れて、初めて表面化することもありますので。

作る前の段階がかなり重要

とまぁいろいろと書いてしまいましたが、作る前の段階でどれだけ詰めていけるかどうか、というのがポイントかもしれませんね。

想像力を働かせ、創造力を駆使するのは、何もホームページを作る人たちやプログラマーたち、IT関係の人たちだけではなく、多くの方に該当すると思っています。(どんな職業でも、どんな立場でも)

そう考えると、なかなか想像しづらいことへの印象が少し変わるのでは?!と思います。

カテゴリ

最新コラム

Facebook TWITTER LINE