兵庫WEB制作.com

主なSNS
(Facebook・Twitter・LINE・Instagram)の利用率
平成28年版(平成29年7月発表)

2018年5月10日

総務省が毎年発表している最新の「通信利用動向調査」によると、ホームページは87.8%の企業・店舗が所有しています。

現在はホームページは持っていてあたり前と言えますが、ホームページだけでなく様々なWEBツール、特にSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を利用する企業・店舗が増えてきています。

今日のこのコラムでは、2018年5月時点で最新の「SNS利用率」をお知らせします。

Facebook/Twitter/LINE/Instagram

取り上げるSNSは、主なFacebook(フェイスブック)Twitter(ツイッター)LINE(ライン)、そして「インスタ映え」が2017年の流行語にもなったInstagram(インスタグラム)の4大SNS。

Facebook・Twitter・LINE・Instagramの利用率

まずはこの4つのSNSの比較として、平成29年7月に総務省情報通信政策研究所が発表した「平成 28 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」からのデータをお見せします。

※総務省が2012年から継続して実施している、全国の13歳から69歳までの男女1,500人を対象に、2016年11月に行われた調査結果。

主なソーシャルメディア全体利用率

フェイスブック 32.3%
ツイッター 27.5%
ライン 67.0%
インスタグラム 20.5%

という結果が出ました。

Facebook(フェイスブック)

2017年9月にフェイスブックジャパンが開催したイベントで発表されたデータによると、

国内フェイスブック利用者数:2,800万人

そして利用率を、参考にしやすいように年代別、男性年代別、女性年代別のグラフにしました。

フェイスブック利用率

30代と40代が多く10代、20代は減少傾向にあるようで、50代、60代はスマートフォンの普及にともなって増加傾向にあるようです。

Twitter(ツイッター)

2017年10月にTwitterJapan公式ツイッターで発表したツイートによると、

国内ツイッター利用者数:4,500万人

そして、年代別、男性年代別、女性年代別の利用率は、

ツイッター年代別利用率

10代、20代の利用者が多く、若年層へのプロモーションに最適と言えるかもしれません。

LINE(ライン)

LINEが定期的に発表している、媒体資料によると、

国内ライン利用者数:7,000万人

年代別、男性年代別、女性年代別の利用率は、

ライン年代別利用率

年代別に見ても、どの年齢層にも多く利用されていて、アクティブ率が72%と他のSNSと比べても、特に高い数字です。
※アクティブ率(DAU)とは、LINEをインストールしている人が、1日に1回以上利用する率

Instagram(インスタグラム)

2017年10月にフェイスブックジャパンが開催したイベントで発表されたデータによると、

国内インスタグラム利用者数:2,000万人

年代別、男性年代別、女性年代別の利用率は、

インスタグラム年代別利用率

ここ最近、急激に利用者数を伸ばしているSNSで、特に若い女性を中心に利用者が急増しています。

まとめ

以上、4大SNSのデータをご紹介しましたが、全体の利用者数、年代別の利用者数など、使用するツールを選択するのに参考にしていただければと思います。

もちろん、各ツール利用者層が違い、利用者数の伸び率、そして使い方・使われ方など特徴などが全然違うので、数字以外の部分にも着目して、使用するツールを選んでください。

カテゴリ

最新コラム

Facebook TWITTER LINE