兵庫WEB制作.com

Googleが発表した新アルゴリズム「スピードアップデート(Speed Update)」について

2018年4月16日

この兵庫WEB制作.comのコラムでずっと、「スマホ対応しましょう」とお伝えし続けています。

それは、大手検索サイトGoogleが検索上位対策(SEO)の中心で、そのGoogleが「モバイルファーストインデックスhttp://hyogo-web.com/mobile-first-index/)」を開始したからです。

これはGoogleの理念のようなもの「ユーザーファースト」を貫いているからで、スマホユーザーが急増し、いまだに増えているからです。

そして2018年1月18日に、その「ユーザーファースト」の一環と言える『スピードアップデート』なるものを2018年7月から開始すると発表しました。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

スピードアップデート

スピードアップデートとは?

スピードアップデートとは、読んで字の如く「スピード」に関する事なのですが、

検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する回答を見つけたいと考えています。研究(英語)では、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

と記事にあるように、つまりは『表示速度が遅い(サイトが開くのが遅い。読み込み速度が遅い。重たい。)サイトは検索順位が下がる。』ということです。

ただ、Googleは例によって何を基準に判断するかは明確にしておらず、「ものすごく遅い」と感じさせるページにだけに影響すると言われており、もしあなたのサイトが表示速度が遅いサイトであるならば、『改善しないと検索順位が下がってしまう場合がありますよ。』といった感じのようです。

しかし、ユーザーにより快適なサイトを提供するという観点で、改善できるならばした方が良いでしょう。

サイトの表示速度をチェックする方法

PageSpeed Insights(https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/)というツールでホームページの表示速度をチェックできて、最適化・改善するための提案もしてくれます。

ちなみにこの兵庫WEB制作.comの表示速度をチェックしてみたのがこれ…

スピードアップデートスピードチェック

ちょっと改善した方がよいかもしれませんね…

こういったチェックツールは他にもありますので、あなたのサイトがどうなのかチェックしてみて、改善をしてみて下さい。

カテゴリ

最新コラム

Facebook TWITTER LINE