兵庫WEB制作.com

あなたのホームページ、ブログに価値はあるか?

2018年4月5日

これから新しくホームページを作ろうとしていたり、リニューアルを考えている場合や、既に運用しているといった場合も含め、発信内容をはじめとしたそこにある情報の価値を、きちんとユーザーが評価してくれるのかどうかを考えてみましょう。

トップページの指標を例に挙げてみます。

トップページは、いわば会社やお店の顔(姿)です。

「ファーストインプレッション」
「看板」
「サイトコンテンツ」
「信用力の追及」

これらの総合力が最初の印象を左右する場合もあります。

人は見た目が**割、サイトのファーストインプレッションは?

この人は優しそうだな、怖そうだな、真面目そうだな、初めて会った人にそんな感情を持つのが第一印象ですが、ホームページやブログに訪れた人も、第一印象は何かしら抱くと思います。

目的を持ってたどり着いたホームページにせよ、何かしらいろいろと探している中でたどり着いたブログにせよ、何のホームページなのか?何のブログなのか?をわかりやすくするのも、指標の一つです。

タイトルやキャッチコピーによっては、ページから離脱される割合が上がることもありますからね。

看板として

とあるスイーツ店のホームページで例えると、看板である社名やブランド名は読みやすいのか?わかりやすいのか?ということです。

そのスイーツ店が誰もが知る名店でもない限り、パッと見ただけで理解できるユーザーは少ないでしょう。

デザインに左右されるところでもありますが、ユーザーの記憶に残りやすいような方針を示して制作してもいいでしょう。

サイトコンテンツ

そもそも”サイトコンテンツ”が何かというのは、様々な意味や説明が溢れるほどありますが、ここでは一個一個の情報とでもしておきましょう。

自社の商品やサービスといった情報があるのは当然ですが、カテゴリー分けが明確か、判断しやすいバナーやリンクになっているかなど、目を向けるべき一個一個の情報はこういったところにもあります。

商品を買ってほしい、サービスを受けてほしい、見てほしい、問い合わせてほしいところは、アクションを喚起するような想定がされているかどうかで結果が変わるでしょう。

信用力の追及は継続力でもある

信用力の追及は、ユーザーに安心感、信頼感、共感を与えられれば良いのだと考えています。

つまり、情報が更新されている、新鮮な情報である、ということが継続されているかどうかになります。

それが感じられないと判断されれば、誰も見に行こうとしなくなるでしょう。

全体的に共通して言えるのは、きちんとホームページやブログの情報を更新しているか、つまり運用しているか?といったところですね、やっぱり。

放置プレイは死んだも同然。

カテゴリ

最新コラム

Facebook TWITTER LINE